港北区・慶應義塾連携事業

港北オンラインラジオ体操2020夏

オンラインでラジオ体操・オリジナル体操 & 港北クイズで朝から元気に!

実際に行われた様子をご覧いただけます。

朝から人も街も元気に! 
夏の風物詩をオンラインで!

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科と港北区は、連携協定※1に基づき「オンラインラジオ体操」を実施します。
新型コロナウイルス感染症により地域でのラジオ体操の実施が難しくなっているなか、取組を通じて、子どもたちをはじめとした皆様に運動機会を提供するとともに、その取組の可能性について検証します。
港北区にゆかりのある横浜F・マリノスの公式キャラクターであるマリノスケや横浜GRITSの選手がゲスト参加するほか、港北区ミズキーも登場します。みんなで、夏休みの元気な朝を迎えよう!

※1)平成29年6月1日、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科と港北区は、スポーツに関する取組やデータの活用検討等を通じて、相互のさらなる発展に寄与することを目的として、連携協定を締結しています。

出演予定ゲスト

ミズキー

オンラインラジオ体操ダイジェストムービー

開催概要

開催スケジュール
2020年8月3日(月)~7日(金)、8月10日(月)~14日(金)の計10日間
開催時間(各日同じ)
6:30 ~ 6:50(ラジオ体操第一、第二、オリジナル体操等)
定員

先着350名【事前申込】 ※zoomで参加可能な方

プログラム内容
参加費
無料(通信費は参加者負担となります)

参加方法

WEBページから登録(先着順、申込期間:定員になり次第締め切りさせて頂きます)。
「Zoom」、「Youtube」と2つの参加方法があります。

1. Zoom

・クイズに参加できます(Zoomのアンケート機能を使用します)
・画面を通してラジオ体操会場に行ったような一体感を感じることができます。
・先着350名【Peatix事前申込制】
・参加費 無料(通信費は参加者負担となります)

2. Youtube

・視聴のみでの参加になります。
・人数制限なし。
・参加費無料(通信費は参加者負担となります)
オンラインラジオ体操フル参加でプレゼント!

ラジオ体操「ひらがなラリー」でプレゼントをGETしよう!

ひらがな1文字を、毎回終わりの挨拶で発表します。
ひらがなは全部で10文字。並べ替えてできる言葉を答えて、プレゼントをGETしよう!
※ひらがなラリーは終了しました。

Zoomでの注意事項

1.
6:30ちょうどに朝の挨拶からスタートします。10分前(6:20)から入室できますので、少し早めにZoomへ参加ください。6:30ギリギリでの入室の場合、接続まで時間がかかり、すでにプログラムが開始している可能性があります。
2.
港北区の参加者と合わせて、100名を超える参加者数が予想されます。運営上、ご参加頂く皆様は当初ミュートとさせて頂き、ご自身でミュート解除ができない設定をさせて頂く予定です。あらかじめご了承ください。約20分のプログラム終了後にミュート解除ができるように設定し、退室前にゲストやKKPAスタッフへの声がけなどができるようにする予定です。
3.
Zoomの名前はニックネーム等に変更をお願いいたします。
4.
「ひらがなラリー」の用紙は、こちらからPDFダウンロード可能です。

オンラインラジオ体操のご参加はこちらから!

Zoomで参加はこちら

参加申し込みページ(peatix)からお申込みいただけます。
※定員になり次第締め切りさせて頂きます。

Youtubeで参加ご希望の方

こちらよりご参加ください!(YouTubeページが開きます)

お問い合わせ

オンライン運動プログラムに関するお問い合わせは
「慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科」および「慶應キッズパフォーマンスアカデミー」へ。
港北区と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の連携全般に関するお問い合わせは「港北区区政推進課」へ。
Tel: 045-540-2209 Fax: 045-540-2229 E-mail:ko-kusei@city.yokohama.jp

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科

スポーツシステムデザイン・マネジメントラボの研究メンバーが本アカデミーのプログラムの設計を担当します。プログラムは定期的に検証し、改善していきます。アカデミーの活動を通して得られるスポーツデータを各種研究に生かし、アカデミーのプログラム改善に役立てると共に、研究成果を世に発信して行きます。

慶應キッズパフォーマンスアカデミー

子供たちの心と体の成長を高め、未来につなげる。
慶應キッズパフォーマンスアカデミー(慶應KPA)は、それぞれの児童が自分の「気持ち」や、「スキル」、「身体能力」に興味を持ち、その向上に取り組むことをサポートすることを目的としたプログラムです。
主催

港北区、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科

協力

一般社団法人慶應ラグビー倶楽部

プログラム提供

慶應キッズパフォーマンスアカデミー